メルマガ26-30 印刷
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

文生だより (文生書院メールマガジン)
第三十号
毎月10日/25日発行                                          2013年2月12日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇ 目次
1.【古 書 買 取 強 化 月 間】
2. 新着古書 明治初年の錦絵メディア(1) 大阪の錦絵新聞
明治初年の錦絵メディア(2) 西南戦争錦絵
明治期の錦絵メディア  (3) 憲法発布・議会開設紀念錦絵
文生書院ブログ「書籍の明治20年問題について」
文生書院 錦絵 関連資料
3. 期間限定・特別価格コレクション
4.【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その17)
34 : PLETSCH、 Oscar (1830-1888)
35 : POTTER、 Helen Beatrix (1864-1943)

──────────────────────────────────────
◆【古 書 買 取 強 化 月 間】
──────────────────────────────────────
今月と来月は移動のシーズン、古書買取強化月間としまして古書買取のご依頼は大
歓迎です。お引越、建て替え、事務所移転などのご予定がございましたら、ご連絡
ください。大量の際には、ご自宅、研究室、事務所、会社等へお伺い致します。

ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
弊社では常時ご相談をお待ちしております。

もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただけると幸
いです。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただ
くこともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い
取りは無料で承ります。

昭和5年に良書通信社文生書院として創業以来80有余年、古書籍一筋に生きてお
ります弊社にご相談下されますことを特にお願い申し上げます。

──────────────────────────────────────
◆ 新着古書
──────────────────────────────────────
■ 明治初年の錦絵メディア (1) 大阪の錦絵新聞
錦絵新聞とは、幕末に於いて新聞という新しいメディアが紹介されると浮世絵師と
その関係者が目敏く「かわら版」から新聞の体裁を採用して新しいメディアとして
発表した新聞です。
明治7年ごろ東京を皮切りに、大阪、京都、名古屋等々に出現しました。内容は、
犯罪、刃傷沙汰、殺人事件、情痴事件、ゴシップ、珍談奇談、怪異譚、美談、孝行
話、教育もの、異人もの、巡査ものや西南戦争等々にわたり、ルビをつけて錦絵の
絵解きをするというもので、その目新しさに大衆が飛びつきました。
然し、その速報性の点では段々と小新聞に勝てなくなり、明治14年ごろには急激に
衰退し、その地位を小新聞に譲らざるをえなくなります。但し、著名な絵師による
錦絵は、新聞というメディアだけでなく、錦絵として評価する人が居り、新聞錦絵
とも呼ぶこともあります。

本コレクションは、大阪の錦絵新聞90枚(合計101枚)から成るもので、一部独特
な台紙に張られたものがあり、同じ絵でも、題字が異なったり、無かったり、取扱
者の印が在ったり、大阪に於ける「錦絵新聞」製作・流通・検閲等々に関する諸々の
資料を提供する材料と思われます。
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1046-mnisiki1.html
錦絵新聞90枚(合計101枚)【ホームページに明細・画像を掲載】

■ 明治初年の錦絵メディア (2) 西南戦争錦絵
西南戦争、または西南の役は、1877年(明治10年)に現在の熊本県・宮崎県・大分
県・鹿児島県において西郷隆盛を盟主にして起こった士族による武力反乱である。
明治初期の一連の士族反乱のうち最大規模で日本最後...。(Wikipedia)

此処にご案内致します15組の錦絵は、刷りも良く、保存状態も良好であります。
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1047-mnisiki2.html
3枚組 13揃 3枚組の2枚部分のみ 2組 【ホームページに明細・画像を掲載】

■ 明治期の錦絵メディア   (3) 憲法発布・議会開設紀念錦絵
大日本帝国憲法は、1889年(明治22年)2月11日(紀元節:現在の建国記念日)に発布
1890年(明治23年)11月29日に施行されました。短期間で停止されたオスマン帝国
憲法を除けばアジア初の近代憲法です。1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施
行まで半世紀以上の間、一度も改正されなかった憲法でもあります。
発布の日は夜来の雪で一面の銀世界だったそうです。6年の歳月をかけて作られた
宮中正殿に於いて憲法発布式が挙行されたと言われておりますが、錦絵では快晴の
空模様で雪景色ではありませんでした(憲法発布桜田之景・日本橋之図等々)。

同憲法に基づいて第1回帝国議会が召集されたのは、1890(明治23)年11月25日のこ
とで、同月29日に開院式(同日は議会開設記念日)が行われました。 これによって
日本は、名実ともに立憲政治への第一歩を踏み出しました。其の時の議事堂は桜田
門前に作られた木造の仮議事堂でした。右が貴族院で左が衆議院です。しかし其の
建物も使用開始1年もたたずに火事で焼けてしまいます。

本錦絵コレクションには、憲法発布から議事堂焼失までが含まれております。この
点では一連の事件が錦絵によって描かれている稀なものであると思われます。
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1048-mnisiki3.html
全91点(主に明治22-25年・年代不明11点・大正期2点・昭和期1点)
【ホームページに明細・画像を掲載】

■「書籍の明治20年問題について」 【本郷村だより:文生書院のブログ】[参考]
~ブログにて錦絵と口絵それから電子書籍について論じています。ご覧ください~
http://blog.bunsei.co.jp/2013/02/08/meiji20/
江戸の高度に発達した出版システムは、本屋と顧客の間が直結していて、それぞれ
の本に対する意識が共有されて生きていた市場の時代であったそうですが、時代の
変化や諸々の要因で、明治20年代に活版にとって変られました。
そして今、印刷物全体がデジタル出版へ移行しようとしています。...

■ 文生書院 錦絵 関連資料
【CD-ROM版 日本錦絵新聞集成】 土屋礼子編
http://www.bunsei.co.jp/ja/cd-rom-or-dvd-rom/nisikiesinbun.html
【錦絵のちから 幕末の時事的錦絵とかわら版】 富澤達三著
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-03-31/130-nishikienochikara.html
【日清・北清・日露戦争錦絵コレクション】
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/581-2010-09-30-02-49-12.html

──────────────────────────────────────
◆ 期間限定・コレクション特別価格
──────────────────────────────────────
2013年3月末迄のご予約・ご注文に対する特別価格を設定しました。
是非ご覧ください。
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/937-tokka.html
【英国議会 貴族院・庶民院議会日誌】
Journal of the House of Commons Vols.1-113. 1547-1858(in 114 vols).
Journal of the House of Lords   Vols.1-90.  1509(1510)-1858.
【英国議会 庶民院競業委員会報告書】
United Kingdom. House of Commons Competition Commission Reports.
No.1-443 (May、1950 - August、2000) Original edition. Paper bound set.
【米国・国務省 外交関連文書】
1861年-1964/68年(既刊分完全揃)
U.S. Department of State. Foreign Relations of the United States.
【『ヴェルヴ』Verve 文学と美術の雑誌】
Revue artistique et literaire ・Artistic and Literary Quarterly
Nos.1-37/38( all published). Paris/New York、1937-1960.

──────────────────────────────────────
◆【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その17)
──────────────────────────────────────
■34:プレッチ、オスカー                     PLETSCH、 Oscar (1830-1888)
オスカー・プレッチはベルリンの生まれ。1850年代後半に宗教関係の本の出版
社で働く為にドレスデンに移りました。そこではクリスマスやイースターのプレゼ
ント用の本や、復活祭向けの本、聖典に出てくる天使の物語等に挿絵を描く仕事を
していました。
1860年に、ハンブルグの出版社から「子ども部屋」Die Kinderstube と言う本
に挿絵を描く依頼が来ました。この本には36枚の挿絵を描きましたが、これが彼
の初めての児童書へ貢献となりました。
同時代の多くのドイツ人図版画家と同様に、彼もまた、ドイツのケイト・グリーナ
ウエイとして知られるルードウイッヒ・リヒターの影響を強く受けていますが、リ
ヒターとは異なり、彼は彩色技術を容易に取り入れ、それにより作品をより生き生
きとしたものにする事に成功しました。
プレッチの作品はイギリスに於いても愛好され、高く評価されました。彼の最も愛
らしい本のひとつはレイトン兄弟の著作であるSchnick-Schnack で、素晴らしい挿
絵が付いています。又、プレッチとリヒターによる挿絵の付いた英語版の優れた絵
本Little Folksがありますが、これは有名な年鑑の方ではありません。彼の、モノ
トーンで刷られた子どものためのアルファベット教材Little Lily’s Alphabet は
彼の60年代の作品の典型的な例であると言って良いものです。
【wikipedia】http://de.wikipedia.org/wiki/Oscar_Pletsch

■35:ポター、ヘレン・ベアトリクス    POTTER、 Helen Beatrix (1864-1943)
ロンドンのケンジントンに生まれ、家庭で教育を受けました。孤独で内向的な子ど
もであった彼女にとっては、鉛筆と絵の具箱が主な遊び道具であり、鼠、兎、針鼠
など彼女のペット達の精密なスケッチや、サウスケンジントンにある自然史、博物
館の展示物からの習作がこの頃の彼女のノートを埋めています。
又、スコットランドや湖水地方で過す休暇が、彼女に田園地帯への終生変わらぬ憧
憬や強烈な印象を与え、それらは後年、驚異的な視覚的記憶力をもって想いだされ
作品の制作に使われています。
彼女の最初の本Peter Rabbitは、1893年に一人の子どもに宛てて書いた一通の
手紙から生み出されています。1901年に私家版が発行され、翌年Warne 社から
初版が出版された後、20を超える他の出版社から刊行され続けています。
この小さな絵本では、簡潔な文章のページが、繊細であり乍ら、鋭い観察眼を持っ
て描かれた水彩画による小さな図版と向き合って並んでいます。のどかな北の国に
いる、几帳面に描写された動物たち(人間的な振る舞いをしてはいるものの、本物
の動物である)は、既にイギリスの民間伝承的存在であるとさえ言う事が出来るで
しょう。
【wikipedia】http://en.wikipedia.org/wiki/Beatrix_Potter
【大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館】http://www.daito.ac.jp/potter/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmbn.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

文生だより (文生書院メールマガジン)
第二十九号
毎月10日/25日発行                                          2013年1月25日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇ 目次
1. 新着古書 『文化大革命期 中国教科書 1966~1977年(小学・中学用)』
「中国新刊書」
2. 中国地方史『新方志』オンライン・データベース Wanfang Data社
3.【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その16)
32 : NIELSEN, Kay (1886-1957)
33 : PEAKE, Mervyn Lawrence (1911-1968)
4. イベント情報 20世紀メディア研究所 : 第69回研究会のご案内
5. 古書の買い取りを致しています

──────────────────────────────────────
◆ 新着古書
──────────────────────────────────────
■『文化大革命期 中国教科書 1966~1977年(小学・中学用)』
1966年~1977年の間に中国で起こった文化大革命(プロレタリア文化大革命)。大
躍進政策の失敗によって政権中枢から失脚していた毛沢東が林彪や四人組に指示し
中国共産党指導部内の実権派による修正主義の伸長に対して、国家の路線と権力を
再び自らに取り戻すために仕掛けた大規模な権力奪還闘争です。

毛沢東は「破壊旧世界  建設新世界。」(封建的文化、資本主義文化を批判し、新
しく社会主義文化を創生しよう)をスローガンに、紅衛兵を使いブルジョア反動思
想を弾劾し一掃していきます。政治、社会、思想、文化の全般にわたる改革運動の
はずが、実際にはほとんどの中華人民共和国国民を巻き込んだ粛清運動として展開
され、結果的に約1000万人以上といわれる大量虐殺と、それに伴う内戦に発展、国
内は長期間にわたる混乱に陥りました。

特に、旧権力に関係すると見なされた物は徹底的に排除されましたので、この期間
に発行された出版物で残っている物は極端に少ないと思われます。今回入荷しまし
た教科書も文革期のものです。政治以外でも語文(国語)や算数の表紙にも毛沢東
が載っています。

この内、重複が3冊ございますが、持主の書き込み(メモ)と思われるものが書か
れておりますので多少なりとも違うものになっています。1966~1977年 35冊。
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1039-2012-12-18-07-50-31.html
~ホームページにて~  書影、各冊詳細データを公開しています。

■ 中国新刊書
中国新刊書の取り寄せ可能です。また一部在庫あります。お問い合わせください。

中国新刊書 - 精選100タイトル (1) 歴史・文化
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/books/691-chinabook-pt1.html
中国新刊書 - 精選 52タイトル (2) 哲学・宗教
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/books/732-chinabook-pt2.html
中国新刊書 - 精選179タイトル (3) 社会科学
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/books/734-chinabook-pt3.html

──────────────────────────────────────
◆ 中国地方史『新方志』オンライン・データベース Wanfang Data社
──────────────────────────────────────
新方志とは、各行政区域における自然、政治、経済、文化及び社会の歴史と現状を
全面的・システム的に記述した資料的な文献のことである。それゆえ、地方誌は地
方の百科全書とも称される。
現在、中国全地域の各級(省級、市級、縣級など)の新方志20,807冊が登録され、そ
の中の10,000冊余がデータベースにアップロードされている。総合誌、部門誌、地
方誌、企業誌、専門誌、特殊誌及び地方情報書類などを含む。
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/dbviaweb/wanfang/641-xin.html
年代 :1949年から2010年の地方出版物を収録
地域 :一括あるいは地域ごとの販売
サービス方式 : オンラインサービス

【データベースの特徴】
・買い切り方式です。タイトル数に応じた初期費用をご負担いただければ、翌年か
らのサーバー・アクセスフィーは¥10,500と非常に安価です。
・アクセスフィーは翌年もタイトルを追加購入いただくことで無料となります。
・タイトルは順次追加されます。ご購入後はタイトルを選択的に追加ご購入いただ
けます。
[地域別価格表]
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/dbviaweb/wanfang/684-xin-local.html
[タイトルリスト]
http://www.bunsei.co.jp/images/pdf/2011-NCClist1011.pdf

【Wanfang Data社 関連データベース】
China Online Journals Database (COJ) 中国オンライン雑誌データベース
中国で刊行されたあらゆるジャンルの雑誌7,300タイトル以上を収録
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/dbviaweb/wanfang/742-cojcddb.html

China Dissertations Database (CDDB) 中国学位論文データベース
全110万論文以上。修士論文、博士論文、ポストドクター論文。
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/dbviaweb/wanfang/742-cojcddb.html

Chinese Companies & Products Database (CECDB) 中国会社・製品データベース
CECDBは96の業界、約200,000社の会社情報と最新の情報を含んでいます。
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/dbviaweb/wanfang/743-cecdb.html

China Standards Database  中国標準規格データベース
中国の国家規格および産業に関する9万以上のドキュメントを収録しています。
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/dbviaweb/wanfang/744-standard.html

Traditional Chinese Medicine Database 中医薬(漢方)データベース
上海中医薬先端研究センターとWanfang Dataによって開発されたデータベース。
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/dbviaweb/wanfang/745-medecine.html

──────────────────────────────────────
◆【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その16)
──────────────────────────────────────
■32:ニールセン、カイ                          NIELSEN, Kay (1886-1957)
図版画家、舞台芸術家。コペンハーゲンに生まれる。1904年から1911年の
間、パリのジュリアンやコラロッシュで学ぶ様になる前は、L.フィンドの学生でし
た。
1911年から1916年迄、彼はロンドンで仕事をしていますが、この時期は彼
が最も集中的に制作に当たった時期であり、オーブリー・ビアズリーに非常に強く
感化された時期でもありました。ニールセンは非凡な色彩感覚の持ち主で、高度に
装飾性の強い絵を描きますがフリーズの様な文様パターンと組み合わされた作品は
ペルシャや中東の図案に近いものがあります。
彼は、その後渡米して仕事をしますが、成功に至らず貧困のうちに没して仕舞いま
す。
【wikipedia】http://en.wikipedia.org/wiki/Kay_Nielsen

■33:ピーク、マービン・ローレンス    PEAKE, Mervyn Lawrence (1911-1968)
中国のKuling(盧山)生まれ。天津グラマー・スクールで教育を受けた後、家族と
共にイギリスに渡り、クロイドン美術学校、ロイヤル・アカデミーで学びました。
1931年に、ロイヤル・アカデミーで最初で最後の作品展示を果たし、その後、
チャンネル諸島のサークに移り、画業と文筆業に専念しました。
そこで現代のゴシック派小説Titus 3部作で、大西洋の両側に熱狂的なファンを獲
得しますが、12年余に渉りパーキンソン病に悩まされ、画業の継続に困難を来す
様になりました。
彼の挿絵は、不気味でグロテスクでさえありますが、同時にユーモラスな感覚も備
えており、幻想的主題や光景を巧みに表現しています。
【the official site】http://www.mervynpeake.org/

──────────────────────────────────────
◆ イベント情報
──────────────────────────────────────
■ 20世紀メディア研究所 : 第73回研究会のご案内
日時   : 1月26日(土曜日)午後2時30分~午後4時30分
場所   : 早稲田大学  早稲田キャンパス1号館2階  現代政治経済研究所 会議室
*3号館建替工事のため1号館出入口が大隈講堂側からの一ヶ所になっています。
資料代 : 500円
発表者 : テーマ
・蔡宜静(演劇博物館訪問学者・現台湾康寧大学助理教授):
国立台湾歴史博物館所蔵戦前日本映画フィルム史料および映画検閲脚本の整理
分析 - 政策宣伝の内容に関する若干の考察
・ピーター・オコーノ  Peter O'Conno(武蔵野大学)
東アジアにおける情報拠点地の諸相 - 1927年から1945年にかけて上海の外国
プレスに見られる力と弱点を中心に
News hubs in East Asia :
the power and fragility of Shanghai's foreign press,1927-1945
・通訳:鈴木貴宇(東邦大学)
・有馬 哲夫(早稲田大学) インテリジェンス工作員としての児玉誉士夫

◎ 研究会には、どなたでもご参加頂けます。

■『Intelligence』会員募集  雑誌『Intelligence』購読会員制度を設けました。

購読会員には、雑誌『Intelligence』(年刊、書店販売価格 2,000円+消費税)が
無料で郵送されます。その他、年度内の研究会、シンポジウムにおける資料代(50
0円)が毎回無料となります。また、会員専用のウェブページで、シンポジウムや
研究会の概要、レジュメ、写真や研究に関する情報がご覧になれます。
・ 一般会員(個人向)は、年会費3,000円
・ 賛助会員(出版社等対象)は、年会費一口5,000円

お申し込みのご連絡は、m20th@list.waseda.jp まで、必要事項(御名前、御所属
御住所、メールアドレス、電話番号)などを明記してお送り下さい。
詳しくは、http://www.waseda.jp/prj-intelligence/ にてご確認下さい。

──────────────────────────────────────
◆ 古書の買い取りを致しています
──────────────────────────────────────
ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
弊社では常時ご相談をお待ちしております。

もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただけると幸
いです。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただ
くこともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い
取りは無料で承ります。

昭和5年に良書通信社文生書院として創業以来80有余年、古書籍一筋に生きてお
ります弊社にご相談下されますことを特にお願い申し上げます。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmbn.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

文生だより (文生書院メールマガジン)
第二十八号
毎月10日/25日発行                                          2013年1月10日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇ 目次
1. 新年のご挨拶
2. 新着古書 『INAKA』or REMINISCENCES OF ROKKOSAN and OTHER ROCKS
「史蹟名勝天然紀念物調査報告」
『カラコラムと西ヒマラヤ 1909年』
『The Scout』 Founded by General Baden=Powell
3.【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その15)
30 : LE CAIN, Errol John (1941-1989)
31 : LE MAIR, Henriette Willebeek (1889-1966)
4. 古書の買い取りを致しています

──────────────────────────────────────
◆ 新年のご挨拶
──────────────────────────────────────
素晴らしい新年をお迎えになられた事と推察申し上げます。
ムードだけかも知れませんが、世の中が変らなければと云う大合唱の基に新年を迎
えることになり、これをムードだけにしたく無いと云う国民の願がかなう事を先ず
年頭に祈念したいと思います。

然し、必ず変るであろう物の中に『本』が含まれてしまう事は、今でさえ諸々の状
況が変化する中で、我々はより厳しい進路の選択を強いられそうです。但し、世界
中でこの問題に対する明解な解答を出した人も国もまだ無いと思われます。つまり
今までのように或モデルを探してそれに近づける努力をする事も不可能です。

少子高齢化社会や少資源立国と言う日本が直面している困難こそ、全く新しい世界
を築き上げる事が可能になるかも知れない素因になり得ると思う心意気だと思いま
す。多分それはやせ我慢かも知れませんが、選択の余地は無い現実だと思います。
我々が直面している『本』の世界も同じだと思えてなりません。

昨年8月に組合の仕事が一段落して瞬く間に4ヶ月が経ってしまいました。間違いな
く多忙な事は軽減されたはずですが、何ら決断もせずに過ぎてしまいました。今年
は心機一転して色々な事に果敢に挑戦したいと思います。多分、それは試行錯誤の
連続になるかも知れませんが、最低限お客様方へのご迷惑に成らない範囲で努力し
たいと思っております。

幸いな事に、弊社の社員は30-40代前半が中心で、経験も相当に積んでおりますの
で、小生の行き過ぎをカバーしてくれるものと信じております。つまり、彼等が一
番お客様に接する機会が多く、お客様のご希望やご要望を知る者だと思います。昨
年の年頭に申し上げましたサプライサイドからの移行が充分でなかったことを反省
して、今年もお客様のお立場に立って、紙に極力拘りつつ電子媒体も含め、より良
い本を提供できますよう努めて参りたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻の程、
特にお願い申し上げます。

末筆ながら、お客様におけれましては、より実りある充実した一年に成ります事を
切に希望して新年の挨拶をさせて頂きます。           文生書院 小沼良成

──────────────────────────────────────
◆ 新着古書
──────────────────────────────────────
■『INAKA』or REMINISCENCES OF ROKKOSAN and OTHER ROCKS
Volumes 5-18 1916-1924(大正5-13)Missing Vol. 6 and 9
1903年に神戸ゴルフ倶楽部(K.G.C.)を創設したアーサー・ヘスケス・グルーム(
Arthur Hesketh Groom)は21歳のとき、トーマス・グラバーと共同経営しているグ
ラバー商会の兄フランクを頼って、第2の故郷となる日本にやってきた。
また彼の後輩で、明治の後期から大正にかけて六甲山を歩きつくした H.E.Dauntは
J.P.Warren(黄蓮谷オーレン谷の名前が残っている)らとともに、関西を拠点とす
る外国人の山岳愛好家をつのってThe Kobe Mountain Goats Club(さしずめ神戸カ
モシカ山岳会)と言うものを作った。本誌はその会の機関誌として1924年(大正13
年まで)まで出版された雑誌です。
特に、本書の特徴は写真の綺麗さにあります。殆どが1頁フルで掲載されており、
中には、当時非常に珍しいカーラー写真印刷の頁も散見されます。
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/1041-inaka.html
~ホームページにて~  全冊書影、写真ページを公開しています。

■「史蹟名勝天然紀念物調査報告」
各県の史蹟名勝天然紀念物調査報告書です。青森、岩手、宮城、山形、福島、栃木
埼玉、千葉、神奈川、新潟、富山、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、京都、
大阪、奈良、和歌山、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、
長崎、大分、宮崎、鹿児島の各県全40点。一部書影を掲載。
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/jcollection/954-siseki.html
~史蹟、文化財、城郭関係等の調査報告書などの買取を致しています~

■ 『カラコラムと西ヒマラヤ 1909年』 初版2巻 1912年 ロンドン刊
イタリアの探検家、生理化学者、フィリッポ・デ・フィリッピ(1869-1938) が、ア
ブルッツイ公爵の行った1909年のヒマラヤ探検に参加して著した豪華な探検の記録
です。
第1巻には32枚のプレート写真版と、194の写真(テキスト)があり、巻末の付録に
は、2枚の岩石のカラー写真版があります。第2巻は、18枚のパノラマ写真・3枚の
地図及び写真の明細リストで構成されています。本書は、山岳関係書の中でも特に
著名なものとして知られています。
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/1040-karakoram.html

■ 『The Scout』 Founded by General Baden=Powell. Years 1908-1964
イギリスの「ボーイ・スカウト」の創立者であるロバート・べーデン=パウエル
Robert Baden=Powell 卿により発刊された雑誌の稀有なセットです。一冊A4版、10
ページ前後のチラシの様な雑誌ですが、毎号少年達へ冒険・探検・スポーツ競技・
レジャー等々の楽しい話題をイラストと共に送り続けました。普通ならば捨て去ら
れてしまう様なこの様な雑誌がこの様に保存されてきたことに驚きを感じます。
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/1036-scout.html
~ホームページにて~  収録イラスト・写真を公開しています。

──────────────────────────────────────
◆【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その15)
──────────────────────────────────────
■30:ル・ケイン、エロール ジョン       LE CAIN, Errol John (1941-1989)
シンガポールで生まれ、そこで教育を受けましたが、正式な美術の訓練は受けてい
ません。5年間程インドに住みながら極東地域を精力的に旅して周り、その後イギ
リスに渡って、広告会社や映画製作会社で働きました。
1968年に最初の絵本King Arthur’s Swordを出版し、挿絵画家としてのスター
トを切りました。彼は、この最初の本により児童本の挿絵についての展望と可能性
を悟った様です。
彼によれば挿絵画家の本質的な役割は、物語の作者とそのストーリーに完全共感し
た立場に立つと言うことであり、画家としての技量がどんなに優れていようと、そ
の絵が物語の展開、雰囲気に逆らって仕舞うものである限り絵本としては成功し得
ないと言うものでした。
彼の最も特徴的な作品はCinderella「シンデレラ」(1972年刊)やThe Twelve
Dancing Princess「12人の踊るお姫様」など、古典的ストーリーに付けられた挿
絵に見る事が出来ます。
彼の挿絵は細部の描写力に優れ、色彩の鮮やかなものが多く、素朴な雰囲気や感情
を表現す るかの様なページ装飾が付けられています。1895年、ル・ケインは
ケイト・グリーナウェイ賞を受賞しています。
【エロール・ル・カイン ほるぷ出版】http://www.holp-pub.co.jp/rukain.html

■31:ル・メイル、ヘンリエット・ウイルビーク
LE MAIR, Henriette Willebeek (1889-1966) ファン・ゼロースケルケン男爵夫人
オランダの図案家、挿絵画家。自らも芸術家であり、同時に芸術家の擁護者でもあ
った裕福な家庭に生まれました。
年少の頃からフランスの図版画家モーリス・ブーテ・ド・モンベルの影響を受け、
彼の助言でロッテルダム・アカデミーで、1908-11年の間、絵画を学びまし
た。
1911年から、ロンドンの出版社との関係を広め、1920-30年代の間、イ
ギリスで児童書の挿絵画家として人気を博しました。彼女のスタイルは、平面的な
描写と押さえた色調、そして装飾性豊かな縁取りに特徴があります。
【nocloo.com】
http://www.nocloo.com/gallery2/v/willebeek-le-mair-old-nursery-rhymes/

──────────────────────────────────────
◆ 古書の買い取りを致しています
──────────────────────────────────────
ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
弊社では常時ご相談をお待ちしております。

もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただけると幸
いです。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただ
くこともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い
取りは無料で承ります。

昭和5年に良書通信社文生書院として創業以来80有余年、古書籍一筋に生きてお
ります弊社にご相談下されますことを特にお願い申し上げます。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmbn.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

文生だより (文生書院メールマガジン)
第二十七号
毎月10日/25日発行                                         2012年12月25日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇ 目次
1. 年末年始の営業についてのお知らせ
2. 取り扱い開始『科学技術史』1~12号(1997-2012)
3. 新着古書『ココリコ』アール・ヌーヴォーの世紀末“風刺雑誌”
4.【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その14)
28 : KRONHEIM, Joseph Martin (1810-1896)
LEIGHTON, George Cargill (1826-1895)
29 : LEAR, Edward. (1812-1888)
5.【連載】布哇(ハワイ)貴重資料解説(20) 『布哇日本人年鑑 第十三回』
布哇(ハワイ)貴重資料解説(21) 『布哇その折り折り』【最終回】
6. 古書の買い取りを致しています

──────────────────────────────────────
◆ 年末年始の営業についてのお知らせ
──────────────────────────────────────
弊社では、誠に勝手ながら年末年始の営業を下記のとおりとさせていただきます。
2011年12月29日(土)~ 2012年1月6日(日)の期間、休業させて頂きます。

1月7日(月)からは通常どおりの営業となります。なお、年末年始休業日中に頂き
ましたご注文、お問い合わせに関しましては1月7日より順次対応させて頂きます。
期間中は何かとご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承の程お願い申し上げます。

──────────────────────────────────────
◆ 取り扱い開始『科学技術史』1~12号(1997-2012)日本科学技術史学会
──────────────────────────────────────
~『科学技術史』へのいざない~               日本科学技術史学会 岡本拓司
『科学技術史』は日本科学技術史学会の会誌として、1997年に創刊されました。当
時、科学技術史分野の雑誌はすでにいくつかありましたが、『科学技術史』は、経
済史・経営史・教育史・メディア史などの関連の周辺領域の研究者にも広く参加を
呼び掛け、この分野が発足当初もっていた学際性をさらに拡張していくことを目的
の一つとして誕生しました。
また、歴史研究にとって不可欠である、資料の詳細に関わる議論を、紙幅の制限を
あまり気にせず展開していただけるよう、基本的に論考の分量に上限を設けないこ
ととしました。これは他誌には類例のない特長です。

創刊後十数年のうちに蓄積された論考の中には、特に日本の科学技術史を検討する
うえで外すことのできないものも、数多く含まれています。論考としての主張の意
義が高いものはもちろん、さらに加えて資料的な価値の高いものもあります。
また、通常は研究者にも気づかれにくい、卒業論文・修士論文・博士論文などの一
部を、論文・ノートなどとして掲載した例は、本誌を当初の想定を越えたかたちで
特徴づけているといってもよいでしょう。これらを読んでいただければ、若い学徒
の新鮮な視点が、学問の進展にとって不可欠であることが了解されるものと思いま
す。『科学技術史』は,今後も科学技術史家のための「竜門」の役割を果たしたい
と考えています。

『科学技術史』ISSN1343-9766  1~12号(1997年12月~2012年10月刊行済最新号)
各号とも一冊 3,150円[税込]    1~12号セット価格 37,800円[税込]
※ホームページに全号目次を掲載中
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/books/1035-kagaku.html

【関連資料】
『岩垂家・喜田村家文書』 -明治日本の工学維新を担った兄弟の足跡-
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/books/983-iwadare-kida.html
『御雇外国人ヘンリー・ダイアー』
-近代(工業)技術教育の父:初代東大都検(教頭)の生涯-
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-03-31/126-henry.html

【文生書院 関連古書 在庫】
故ドナルド H.フレミング氏旧蔵書 [科学・科学技術・医学史研究書]
フランス科学アカデミー紀要
18-19世紀刊行 数学関係稀覯書
鉄鋼関係洋古書コレクション Books on the Iron and Steel
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/1042-youkagaku.html

──────────────────────────────────────
◆ 新着古書
──────────────────────────────────────
■『ココリコ』アール・ヌーヴォーの世紀末“風刺雑誌”
COCORICO. Published by Paul Emile Boutigny.
Annee 1 Nos.1-24. Paris, Dec.1898-Dec.1899.
[Whole pages 1-268 and Table Matiere]. 4to. Decorated cloth.
Note: Covers of Nos.2-24 are bound en bloc in end of volume.

著名なアール・ヌーヴォーの芸術家Paul Emile Boutigny によりフランスで19世
紀末に発刊された風刺雑誌「ココリコ」の第1巻です。「ココリコ」とはコケコッ
コーという意味です。本誌には、著名な芸術家 Mucha, Steinlen, De Feure,
Roubille, Mignot, Ropineau, Muller, Willette等の作品が多く寄せられました。

本誌は63号をもって廃刊となりました。新入庫品は1号から24号迄の第1巻のみ
ですが、スタンランによる鶏の絵で飾られた出版社の手になる特製合本の装丁本で
す。2号から24号迄の表紙は巻末に纏めて綴じられています。極めて美しい状態
で保存されております。

~ホームページにて~
第1号表紙のミュシャの作品・スタンランのデザインによる表紙を公開しています
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1017-cocorico.html

──────────────────────────────────────
◆【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その14)
──────────────────────────────────────
■28:
クロンハイム、ジョセフ・マーティン   KRONHEIM, Joseph Martin (1810-1896)
レイトン、ジョージ・カーギル        LEIGHTON, George Cargill (1826-1895)
この二つの偉大な名前は、1850年頃から児童本の多色刷り図版の世界に現れま
す。カラー図版の需要が高まるにつれて、銅版で背景をとり、その上に色付きの絵
木版で重ね印刷をするなどの数々の印刷技法の併用が一般化されて行きましたが、
二人の工房は、主に木版を使った印刷に固執していました。
特にクロンハイムは、バクスターが特許を取得した方法を使用してではありました
が、木版を石版印刷と併用して数多くの図版をToy Bookの出版社であるラウトレッ
ジやフレデリック・ウォーン社に提供しました。
レイトンもバクスター製法を応用した方法を用いて『レイトン兄弟』の名前で沢山
のトイ・ブックを手掛けました。
【Wikipedia】http://en.wikipedia.org/wiki/Joseph_Martin_Kronheim

■29:リア、エドワアード                       LEAR, Edward. (1812-1888)
地形画家、鳥類学者、滑稽画家。15才の頃には既に鳥類画を描いて生計を立てて
居ました。
1831年に、動物協会の庭園の絵描きとなり、翌年には処女出版で鸚鵡のカラー
図版集を発表しています。1832ー36年には、ノーズレーのダービー伯爵の子
息の絵の教師として雇われ、そこで油絵を描いたり、子ども達の為にThe Book of
Nonsense「ナンセンスの絵本」を作ったりもしました。
その頃から、精力的に国外を旅する様になり、旅行先でのスケッチを纏めてはリト
グラフの画集を発表しています。純粋な水彩画よりもインクを使ったペン画とウオ
ッシュの組み合わせを多用したリアの作品は、ヴィクトリア朝の規範からすると可
成り常軌を逸したものであったかも知れません。
【Wikipedia】http://en.wikipedia.org/wiki/Edward_Lear

──────────────────────────────────────
◆【連載】 布哇(ハワイ)貴重資料解説(20) 『布哇日本人年鑑 第十三回』
──────────────────────────────────────
『布哇日本人年鑑 第十三回』 [布哇新報社 編]
Annual Directory of Japanese in Hawaii, 13th Edition (1916)

本書本回は口絵に新任の駐米大使佐藤愛麿等々の名士肖像写真を掲げ、次いで在布
同胞人物紹介を試みた。本文記事も多岐に亘り項目建ても細かい。巻末の附録は
「在布日本人々名録」で嶋別の各地地名のABC順にまとめ、不十分ながらも索引
機能を果しめた。各人の住所表示は無いが職業と出身県名を摘出しているので面白
い...

【奥泉栄三郎氏(シカゴ大学図書館司書)による解説の続きはこちらへ】
http://blog.bunsei.co.jp/2012/12/22/hawai20
【文生書院:復刻版『初期在北米日本人の記録 第二期』に収録されています】
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-06-12/243-2009-10-13-04-50-50.html

──────────────────────────────────────
◆【連載】 布哇(ハワイ)貴重資料解説(21) 『布哇その折り折り』【最終回】
──────────────────────────────────────
『布哇その折り折り』 [相賀安太郎(渓芳) 著]
A Rough Sketch of Hawaii
著者相賀安太郎(号は渓芳)は1873年東京に生まれ、東京法学院で修業し、1896年
3月に渡布した。表紙やカットを古川章画伯が丹念に描いている。本書の内容は時
事問題等の短評集で、1916年8月より1920年8月までに『日布時事』(毎回日曜日)
に掲載されたものから選んでいる。...

【奥泉栄三郎氏(シカゴ大学図書館司書)による解説の続きはこちらへ】
http://blog.bunsei.co.jp/2012/12/22/hawai21
【文生書院:復刻版『初期在北米日本人の記録 第二期』に収録されています】
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-06-12/243-2009-10-13-04-50-50.html

──────────────────────────────────────
◆ 古書の買い取りを致しています
──────────────────────────────────────
ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
弊社では常時ご相談をお待ちしております。

もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただけると幸
いです。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただ
くこともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い
取りは無料で承ります。

昭和5年に良書通信社文生書院として創業以来80有余年、古書籍一筋に生きてお
ります弊社にご相談下されますことを特にお願い申し上げます。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmbn.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

文生だより (文生書院メールマガジン)
第二十六号
毎月10日/25日発行                                         2012年12月10日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇ 目次
1. 本の贈りものはいかが
2. イベント情報 NPO法人インテリジェンス研究所:第1回諜報研究会のご案内
3. 新着古書【近現代におけるスパイ・諜報機関の研究】
4.【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その13)
26 : HILDER, Rowland (1905-1993)
27 : HUDSON, Gwynedd M.
5.【連載】布哇(ハワイ)貴重資料解説(19) 『布哇日本人発展写真帖』
6. 古書の買い取りを致しています

──────────────────────────────────────
◆ 本の贈りものはいかが
──────────────────────────────────────
★ クリスマス、成人式など贈りものの季節です。特に贈りものにお薦めな本を ★
★ ご紹介させていただきます。季節の贈りもののほかに、成人式、誕生日、結 ★
★ 婚記念日などのご記念品としてもいかがでしょうか。                     ★

■近代文学の巻頭を飾った情趣あふれる面影。精緻、華麗な木版口絵の世界。明治
大正期に咲き誇った口絵の名作をカラー画像で収録した山田奈々子氏の三部作。

山田奈々子 著 (シカゴ大学東アジアセンター)        三冊セット¥22,785(税込)
【木版口絵総覧】明治・大正期の文学作品を中心として
ISBN 4-89253-300-9   定価 ¥8,925(税込)
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-03-31/128-souran.html
【口絵名作物語集】明治・大正期に咲き誇った口絵の名作
ISBN 4-89253-322-X  定価 ¥6,300(税込)
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-03-31/127-meisaku.html
【美人画口絵歳時記】
ISBN978-4-89253-397-6  定価 ¥7,560(税込)
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-03-31/125-bijinga.html

■古書屋が後世に残したくて作りました。第46回(2012年)造本装幀コンクールにお
いて日本印刷作業連合会会長賞:印刷・製本特別賞を受賞。

【日露戦争PHOTOクロニクル 豪華特装版】澪標の会編        定価¥22,050(税込)
B5版・クロス装布貼合製本・金箔押・ダブル小口絵[海軍陸軍]・小口三方金箔貼
装幀:奥定泰之  小口絵用画像デザイン:杉本直子 小口絵印刷協力:テクノビション
印刷:(株)モリモト印刷  製本:日本図書印刷(株)          ISBN978-89253-473-7
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-03-31/881-photo-chronicle.html
小口(背表紙の反対側=本を開く側)をずらすと絵が浮き出てくる工夫を小口絵と言
います。昔の職人が行っていたその装飾を、弊社では特殊な印刷技術を用いて再現
しました。両面小口絵(右に押すと海軍の絵、左に押すと陸軍の絵)を部数限定で
施してございます。

■日本人とアメリカを見つめ続けてきた奥泉栄三郎氏の壮大な企画「初期在北米日
本人の記録」復刻版シリーズ。そのエッセンスとも言うべき仕事が「パイオニア
情報館」です。あなたのルーツの手掛かりが見つかるかもしれません。

奥泉栄三郎 著 (シカゴ大学)                        三冊セット¥14,700(税込)
【パイオニア情報館:人物情報編】
1600余名の日系人・日本人の人名録。385名に肖像画があり、画像は合計452枚。
416頁 ISBN4-89253-311-4 定価¥6,300(税込)
【パイオニア情報館:北米関係総合出版年表編】
初期在北米日本人の出版情報・歴史・世相・自称を収録。1853年頃-2005年間まで
の詳細な関係文献目録。書名索引・人名索引・タイトル画像館として145画像
288頁 ISBN4-89253-312-2 定価 ¥4,725(税込)
【パイオニア情報館:目次総覧編】
『初期在北米日本人の記録』第一期 全34冊の総目次集。総合人名索引(93頁)付。
310頁 ISBN4-89253-313-0 定価 ¥3,675(税込)
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-03-31/238-hokubei02.html

──────────────────────────────────────
◆ NPO法人インテリジェンス研究所:第1回諜報研究会のご案内
──────────────────────────────────────
2012年2月に発足したNPO法人インテリジェンス研究所は、占領期検閲メディア資料
であるプランゲ文庫の新聞・雑誌データベース運営に関する事業などを行うととも
に、占領期のみならず日本近代のインテリジェンス活動全般の正確な歴史的事実の
確証作業を行い、広く一般市民および学術研究者に対して、その研究活動の成果を
周知・啓蒙することを目的としている。
インテリジェンスには広義のインテリジェンス(知性、情報、メディア)とともに
狭義のインテリジェンス(諜報、謀略、宣伝)がある。われわれと表裏の関係にあ
る早稲田大学20世紀メディア研究所では広義、狭義の幅広い研究を行い、72回の研
究会を開催し、その名も『Intelligence』なる研究誌を12号まで発行してきた。当
NPOはこのたび早稲田大学20世紀メディア研究所との共催で、狭義のインテリジェ
ンス研究に特化した諜報研究会を創設することになった。

◇ 第1回諜報研究会
日時   : 12月22日(土曜日)午後2時30分~午後5時30分
場所   : 早稲田大学  早稲田キャンパス1号館401教室
*3号館建替工事のため1号館出入口が大隈講堂側からの一ヶ所になっています。
資料代 : 500円
発表者:テーマ
・白井久也(日露歴史研究センター代表):日本防諜から見たゾルゲ事件
・太郎良譲二(中野二誠会会長):陸軍中野学校創立時の不可思議
・山本武利(NPO法人インテリジェンス研究所理事長):
参謀本部編「諜報宣伝勤務指針」について

研究会は、どなたでもご参加いただけます(参加申し込みの連絡は不要です)。
研究会終了後、懇親会を行います(懇親会の会費:1000円)。
諜報に関心のある方や研究発表を希望される方のご参加をお待ちしています。
NPO法人インテリジェンス研究所に興味のある方は m20th@list.waseda.jp まで。

──────────────────────────────────────
◆ 新着古書
──────────────────────────────────────
■【近現代におけるスパイ・諜報機関の研究】 ESPIONAGE AND CRYPTOGRAPHY
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/119-espionage.html
優れた外交官として名高い Alexander Cadogan卿は情報機関について「外交史のな
かの失われた次元」といったことがあります。卿のいう通り、20世紀の国際関係史
のなかでもこれほど誤解されている事柄はないでしょう。
長い間、アカデミックな研究者は情報機関の役割を無視するか、全く重要ではない
ものとして扱うことがほとんどでした。作家やジャーナリストは、その反対にしば
しば情報機関をセンセーショナルに取り上げ、アカデミックな研究者はそのことに
より、更に情報機関に真剣に扱うことをためらうようになっていたのです。
20世紀最後の四半世紀になって、情報戦のなかで幅広く活動していた3つの大国か
ら、信頼に足る研究書が出てくるようになりました。その大国とは英米、旧ソ連邦
です。このコレクションの主要な部分を占める当時の研究書により、政治史や国際
関係史における情報機関の役割について私たちは理解を改めることになりました。
~Professor Christopher Andrew ケンブリッジ大学教授(現代史)

このコレクションは英国外務省旧蔵のものなど、絶版本や稀覯本を数点含み、また
現在進められている研究の主要な部分を押さえた非常に貴重なコレクションです。
441タイトル。

──────────────────────────────────────
◆【連載】児童書の挿絵画家として活躍した人たち(その13)
──────────────────────────────────────
■26:ヒルダー、ローランド                   HILDER, Rowland (1905-1993)
海景画家(Marine Painter)を志し、ゴールドスミス美術大学に学びました。魅力的
な田園風景、特に冬景色を描く版画家、画家として人気を博しました。
彼の挿絵は変化に富むもので、メルヴィルのMoby Dick(白鯨)やスティーブンソ
ンのTreasure Island(宝島)、またパーシー・ウェスターマンの9つの少年向け航
海物語等の為に生き生きとした絵を描いています。  王立水彩画家機構会員(RI)
【Wikipedia】http://en.wikipedia.org/wiki/Rowland_Hilder

■27:ハドソン、グイネズ M             HUDSON, Gwynedd M.(生没年不詳)
ブライトン美術学校で学び、装飾文様、挿絵、ポスター等の仕事を手掛けました。
彼女の最も有名な作品は、1922年発行の「不思議の国のアリス」です。191
0年から1935年が最も活躍した時期でした。
【Dave Neal's Home Page】http://www.exit109.com/~dnn/alice/hudson/

──────────────────────────────────────
◆【連載】 布哇(ハワイ)貴重資料解説(19) 『布哇日本人発展写真帖』
──────────────────────────────────────
『布哇日本人発展写真帖』 [小野寺徳治, 宮本銑太郎, 米倉弘編輯]
Pictorial Book of the Development of Japanese in Hawaii

この種の写真帖は、ハワイにおける日本人の可能性を表象で以って説明したことに
他ならない。簡潔なる写真説明は、日本人がすべての方面に如何に発展しつつある
かを確証してくれる。当時のメディアの中では贅沢とは云わないまでも豪華な出版
物であった。...

【奥泉栄三郎氏(シカゴ大学図書館司書)による解説の続きはこちらへ】
http://blog.bunsei.co.jp/2012/12/05/hawai19/
【文生書院:復刻版『初期在北米日本人の記録 第二期』に収録されています】
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-06-12/243-2009-10-13-04-50-50.html

──────────────────────────────────────
◆ 古書の買い取りを致しています
──────────────────────────────────────
ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
弊社では常時ご相談をお待ちしております。

もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただけると幸
いです。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただ
くこともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い
取りは無料で承ります。

昭和5年に良書通信社文生書院として創業以来80有余年、古書籍一筋に生きてお
ります弊社にご相談下されますことを特にお願い申し上げます。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmbn.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━