ブラック・パンサー コレクション 印刷

 

Microfilm Collection of the documents
”Black Panther Party”
in the years 1968-1994

The Dr.Huey P. Newton Papers

 

 

b-pantherh

Published by Huey Newton Foundation

 

 

 

The Dr. Huey P. Newton Papers
  70 reels microfilm. Silver halide.      \1,782,000 〔税別〕
(2014年10月の換算率で)
[17 reels in 35mm microfilm, 53 reels in 16mm microfilm]
 
 
日本販売総代理店   株式会社 文生書院   【お問い合わせはこちらまで】

「ヒューイ・P・ニュートン マイクロフィルム・コレクション」について

このコレクションは、ヒューイ・ニュートン・ファウンデーションにより制作されたもので、1960~70年代におけるブラック・パンサー・パーティの思想、活動に焦点を合わせて編集されています。
ヒューイ・ニュートンHuey P. Newtonに関連する資料のほか、組織内の動静や1970年以降に行われた,地域に根ざした活動に関する基礎文献が収録されています。 広報紙や公刊されなかった文書,ニュートンやほかの主導者たちによって記された組織内教育資料,主だった裁判で使用された司法資料等も収録されています。コレクションの現物は、オークランド博物館の協力により収集して来たもので、すべて同博物館に保管されていましたが,マイクロフィルム撮影後にスタンフォード大学に移管されました。同大学図書館内のウェブサイトから詳細なガイドをご覧頂けます。是非ご高覧願います。


「ブラック・パンサー・パーティ」の歴史

 

ブラック・パンサー・パーティは,公権力の暴力から身を守る為にアフリカ系アメリカ人を組織・訓練する目的で「自衛のための武装組織」として,ヒューイ・P・ニュートンが1960年代後半に設立しました。1966年に「我々の欲すること,我々の信ずること」という題名の綱領を発表しました。公民権に通じた武装パトロール隊を組織し,警察の動静を監視することによって地域社会の安全を守りました。議長はボビー・シールBobby Seale(1966年から1974年迄),情報担当エルドリッジ・クリーバーEldridge Cleaver,主席補佐デイビッド・ヒリアードDavid Hilliard,そして防衛担当はニュートン(1966年から1981年迄)でした。

1967年1月にカリフォルニア州オークランドに最初のオフィスが建てられました。同年11月迄に,警察官に向けて発砲したことで逮捕されたニュートンを含め,殆どのメンバーが収監されて仕舞いました。その後,「ヒューイを釈放せよFree Huey」運動や,広報誌の刊行,スピーチ活動の増加などにより,ブラック・パンサーは自衛組織から政治的組織へと変化していきました。1968年には児童への無料朝食サービス,医療サービス,学校,メンバーのための政治教育クラスなど,地域社会のためのプログラムを開始しました。それに伴い,アメリカ中に支部が建てられて行きました。然し乍ら、ニュートンは収監中の上,さまざまな裁判が続き,クリーバーは出国中,シールとヒリアードは組織から除名されるなど,上層部は惨憺たる状態を呈していました。一方,組織の拡大,そして武装パトロールの常態化とその暴力性を察知していた連邦および地方警察は,メンバーと組織の活動を監視し,ファイルを作成し保管していました。 1969年には警察スパイの潜入や,組織内のイデオロギー対立などにより混乱に拍車がかかりましたが,1970年にニュートンが釈放され,指導者として復活すると,組織は一時的に安定化し,地域社会の支持は再び高まっていきました。


ところが,ニュートンの不在中にクリーバーを中心とした不満分子が増殖し,革命の定義で意見が対立していきました。クリーバー一派は,もともとは自衛のための武器を,国家社会への最終通告と見做していました。革命を飽くまでもプロセスと見做していたニュートンにとっては,オークランド・コミュニティ・スクールや老人福祉サービスなど「生存のためのプログラム」の実行を優先課題としていました。1972年にクリーバー一派は組織から除名されました。1973年には,逮捕を免れるためにニュートンはキューバに出国し,同時にシールが組織から脱退してしまい,組織は再び危機を迎えました。エレイン・ブラウンElaine Brownが議長の役を担うことになりましたが,1977年にニュートンが帰国すると,上層部はまたしても分裂し,混乱を極めました。1981年には最後のコミュニティ・スクールが閉鎖され,ブラック・パンサー・パーティは終焉を迎えました。ニュートンは自身の理念とカリスマ性をもって,組織を拡大して行きました。1980年にカリフォルニア大学サンタクルス校にてPh.D.を取得し,自身の思想や組織活動に関する論文をいくつか著しました。1989年にニュートンが亡くなったのち,ヒリアードとフレドリカ・ニュートンFredrika Newtonとにより,ヒューイ・ニュートン・ファウンデーションが設立されました。

b-panther03h

Original six Black Panthers (November, 1966)
Top left to right: Elbert "Big Man"・Howard; Huey P. Newton 
(Defense Minister), Sherman Forte, Bobby Seale (Chairman).
Bottom: Reggie Forte and Little Bobby Hutton (Treasurer).

コレクションの範囲とその収録内容

コレクションは1968年から1994年までの資料を収録しています。内容はニュートン、ブラック・パンサー、ヒリアード、情報公開法に基づいて入手したFBI文書、ヒューイ・ニュートン・ファウンデーションなどに関する文書資料,そして当時の写真、AV資料、印刷物、新聞記事等です。個人的な手紙や資料、組織内資料も収録されています。

様々な裁判資料やニュートンが出席していた授業で使用された文書資料,ニュートンやヒリアード等、色々なメンバーによって著された原稿,オークランド・コミュニティ・スクールや医療サービスなどの「生存のためのプログラム」に関する資料も収められています。Stronghold Corp.やそのほかの資料により,当時の財務状況も詳しく知ることが出来ます。ニュートン自身が利用していた,または組織内で利用されていた参考資料も収録されています。

 

「ヒューイ・ニュートン・ファウンデーション」について

ヒューイ・ニュートン・ファウンデーションは、現在革新的な社会変革を支援する地域社会に根ざしたNPO団体として活動しています。ニュートンの著作物およびその理念に従って活動し,これまでの多文化的活動主義と自己決定的地域社会の歴史およびそれに関連する事項を保存・公開し,革新的な変革を実現するための試練や,真のグローバル社会形成を目指す若年層を支援する方法を探求しています。この団体は1993年にカリフォルニア州オークランドで設立されました。その趣旨はニュートンの遺志を称え,地域社会サービスの実質的なレッスンを行うことにより,革新的な社会変革を生み出そうというものです。現在では多くの地域で行われている無料社会サービスは,1960年代にブラック・パンサーにより始められたものです。無料朝食プログラムも.国中で行われる同様のプログラムのモデルとなっています。非力な人々が必要とすることへ貢献することが地域社会の意識を高めることである事を活動のメインテーマとしています。

詳しくは: info@bunsei.co.jp までご照会ください

● Black Panther Party オリジナル資料 〔弊社在庫より〕

b-panther02

 

b-panther01

 


 

※ご注文・ご照会は こちらのフォーム から受け付けております。

 

 

.

 
tenmei-a〒113-0033 東京都文京区本郷6-14-7
TEL 03-3811-1683: FAX 03-3811-0296