駅勢一班 印刷
mantesu_map logo03
Bunsei Shoin Booksellers, Co., Ltd. ©

【満鉄設立100年記念出版 第一弾】

満鉄『駅勢一班』全6冊(1913,16年)の復刻に寄せて

老川慶喜 (立教大学経済学部教授)

南満州鉄道株式会社運輸課は、1913年12月に『駅勢一班』其壱~其四の4冊を刊行した。また、同社運輸部は1916年10月に『駅勢一班吉長鉄道之部』、11月に『駅勢一班 東清鉄道之部』を刊行している。いうまでもなく南満州鉄道(満鉄)は、1906年11月26日、中国東北部の「満州」を統治するために設立された半官半民の国策会社で、1907年4月1日から業務を開始した。満鉄の事業は、鉄道業、炭鉱業、製鉄所、海運業、港湾・埠頭のほか、鉄道付属地の経営や調査研究事業など広範囲にわたっているが、主力は鉄道事業に置かれていた。満州に張り巡らされた同社の路線は、満州の貨物や旅客の流動を支え、欧亜交通の幹線として満州支配の要になるものであった。

『駅勢一班』其壱~其四で取り上げられている駅は、満鉄本線66駅、旅順支線4駅、営口支線1駅、撫順支線5駅、安奉支線24駅の100駅である。そして、各駅の駅勢が「駅関係事項」と「所在地関係事項」の2つの項目に分けて記述されている。駅関係事項では、沿革や駅構内の諸設備、さらには中国人・日本人別の駅員数、駅員の教育制度や共済制度などが記述され、旅客の発着や貨物の集散、さらには駅周辺の市場や交通、取引、金融の状況が明らかにされている。凡例に「本書ハ経済上ノ記述ニ其重キヲ置キ之ヲ編纂シ」とあるように、特に貨物輸送に関連する事項が詳しく記述されている。

所在地関係事項では、位置、気象、沿革、住民、市況などについて論じたのち、諸制度(行政・警察、衛生・病院、宗教、教育・図書館、租税、度量衡等)、実業諸機関(交通、金融・通貨、保険、倉庫、取引所、興信所等)、産業および一般経済状態(農工商業の生産機関と経営状況、物資の生産・消費・供給の状況、労働の需要と供給・賃金、重要貨物の市価等)などについて記述されている。「吉長鉄道之部」「東清鉄道之部」も『駅勢一班』其壱~其四の記述内容をほぼ踏襲している。なお、取り上げられている駅の数は「吉長鉄道之部」では5駅、「東清鉄道之部」では8駅であった。

このように、このたび文生書院から復刻出版される『駅勢一班』全6冊(合本5冊)は、満鉄のみならず、広く満州の社会経済史研究を進める上で必須の資料といえる。2006年は満鉄設立100周年であるが、これを機にさらに「満州史」の研究が進展することを期待している。



復刻版 B5版 全6冊(5冊に上製本)2006年9月刊行済
ISBN 4-89253-315-7 揃 定価 ¥80,000 + 消費税  パンフレット謹呈


 

【駅勢一般】全6冊(合本5冊)目次明細

其1: 378頁 / 折込28図 / 大正2年 (カラー図版2図含)
大連駅ー駅関係事項: 概況/旅客の集散/貨物の発着/運輸に関する特別事項/ほか
ー所在地関係事項: 概況/諸制度/実業諸機関/産業及一般経済状態
臭水子駅 ・ 南關嶺駅 ・ 大房身駅 ・ 金州駅 ・ 二十里臺駅・ 三十里堡駅・石河駅
普蘭店駅 ・ 田家駅  ・ 瓦房店駅 ・ 王家駅 ・ 得利寺駅 ・ 松樹駅 ・ 萬家嶺駅
許家屯駅 ・ 九寨駅  ・ 熊岳城駅 ・ 盧家屯駅・ 沙崗駅  ・ 蓋平駅 ・ 大平山駅
大石橋駅 ・ 分水駅  ・ 他山駅  ・ 海城駅 ・ 南臺駅  ・ 湯崗子駅・ 鞍山站駅
立山駅  ・ 馬伊屯駅 <以上31駅>
其2: 356頁 / 折込10図 / 大正2年
遼陽駅ー駅関係事項: 概況/旅客の集散/貨物の発着/運輸に関する特別事項/ほか
ー所在地関係事項: 概況/諸制度/実業諸機関/産業及一般経済状態
張臺子駅 ・ 煙臺駅 ・ 沙河駅 ・ 蘇家屯駅 ・ 渾河駅 ・ 奉天駅 ・ 文官屯駅
虎石臺駅 ・ 新城子駅・ 新臺子駅・ 得勝臺駅 ・ 鐵嶺駅 ・ 平頂堡駅・ 中固駅
開原駅  <以上16駅>
其3: 338頁 / 折込9図 / 大正2年
金溝子駅ー駅関係事項: 概況/旅客の集散/貨物の発着/運輸に関する特別事項/ほか
ー所在地関係事項: 概況/諸制度/実業諸機関/産業及一般経済状態
馬仲河駅 ・ 昌圖駅 ・ 満井駅 ・ 泉頭駅 ・ 雙廟子駅 ・ 桓勾子駅 ・ 虻牛哨駅
四平街駅 ・ 十家堡駅・ 郭家店駅・ 蔡家駅 ・ 大楡樹駅 ・ 公主嶺駅
劉房子駅 ・ 范家屯駅・ 大屯駅 ・ 孟家屯駅・ 長春駅  <以上19駅>
【旅順支線】
夏河家子駅ー駅関係事項: 概況/旅客の集散/貨物の発着/運輸に関する特別事項/ほか
ー所在地関係事項: 概況/諸制度/実業諸機関/産業及一般経済状態
營城子駅 ・ 龍頭駅 ・ 旅順駅 <以上4駅>
其4: 378頁 / 折込14図 / 大正2年
【營口支線】 營口駅ー駅関係事項: 概況/旅客の集散/貨物の発着/運輸に関する特別事項/ほか
ー所在地関係事項: 概況/諸制度/実業諸機関/産業及一般経済状態
【撫順支線】 撫安駅 ・ 孤家子駅 ・ 深井子駅 ・ 李石寨駅 ・ 撫順駅 <以上5駅>
【安奉線】 安東駅ー駅関係事項: 概況/旅客の集散/貨物の発着/運輸に関する特別事項/ほか
ー所在地関係事項: 概況/諸制度/実業諸機関/産業及一般経済状態
沙河鎮駅 ・ 蛤蟆塘駅 ・ 五龍背駅 ・ 湯山城駅 ・ 高麗門駅 ・ 鳳凰城駅
四臺子駅 ・ 鶏冠山駅 ・ 秋木荘駅 ・ 劉家河駅 ・ 通遠堡駅 ・ 草河口駅
<示?>家堡駅 ・ 連山關駅 ・ 下馬塘駅 ・ 南<土攵>駅 ・ 橋頭駅 ・ 福金駅
本渓湖駅 ・ 火連寨駅 ・ 石橋子駅 ・ 姚千戸屯駅 ・ 陳相屯駅 <以上24駅>
(其5に相当)
【吉長鐵道之部】  88頁 / 折込6図 / 大正5年 <以下5駅>
吉林(駅)ー駅関係事項: 概況/旅客の集散/貨物の発着/運輸に関する特別事項/ほか
ー所在地関係事項: 概況/人口/諸制度/交通/金融・商業/産業及一般経済状態/ほか
九站(駅) ・ 樺皮廠(駅) ・ 下九臺(駅) ・ 倫(駅) ・ 吉長鉄道と東清線の割譲
【東清鐵道之部】  144頁 / 折込2図 / 大正5年 <以下9駅> (カラー図版1図含)
蛤爾賓(駅) ・ 雙城堡 ・ 三叉河 ・ 陶賴昭 ・ 老少溝 ・ 窰門 ・ 卜海
蔡家溝 ・ 五家 ・ 附録: 松花江吉林陶頼昭間交通状況/等々
附録

[附録] 吉林省鐵路章程・黒龍江省鐵路章程・奉天省鐵路章程
露暦1901年7月5日 - 露暦1902年4月20日


mt_dairen_kyu_eki mt_dairen_kyu_eki mt_ryojun_eki
大連旧駅 安東駅 旅順駅
(写真集『懐かしの満州鉄道』著者戸島健太郎氏のご好意により使わせて頂きました)

【日露戦争】終結後1年強で満鉄が設立され、8年後と11年後に本書が刊行されました。 それ故、本書で調査された駅名は、日露戦争で激戦が戦われた地名が多く、この時点では相当部分が其の戦闘地域に重なります。 是非弊社刊行の【日露戦争資料集】をご高覧下さい



『帝国鉄道発達史』 帝国鉄道発達史編纂部編(大正11年:1922年) 東京
560p. 図版13枚(カラー2図含); 31cm (A4)
上製本 ISBN 4-89253-316-5 定価 ¥25,000 + 消費税
(2006年9月刊行済)

【満鉄設立100年記念出版 第2弾】 2006年11月刊行開始予定 満州教育史資料集

外地国勢調査資料集 ・ 雑誌『南支南洋』 もご高覧下さい

 


.