第八代エルギン伯爵と幕末日本 印刷

 

 第八代エルギン伯爵
                 と幕末日本

 

    日英条約と日本でのスコットランド人のディアスポラ研究

 

   北 政巳著
   (創価大学教授)

   四六版・280頁 2900円(税別)
   ISBN978-4-89253-578-9

   2015年6月6日発行 

       elgincover
  スコットランドはイングランドと同じブリティン島にありながらも、1707年に南のイングランドと合併するまで独立国であった。合併により連合王国(United Kingdom)となり、自民族の貴族制度と議会を喪失し、その後イングランド経済の影響下に自国を存続させることができた。しかし1997年に保守党の分権移譲(devolution)政策により、290年ぶりにエディンバラ議会を復活させた。また2014年の「独立投票」により、否決されたものの一層の自治権を拡大した。現代の多くのスコットランド人は「政治的にイングランドに依存しても文化的には独立」が信条であろう。
   スコットランド人の移民活動の歴史は古い。中世以来、富裕なイングランドに比して貧しいスコットランドに住む彼らは傭兵となりヨーロッパ各地に出かけた。そして近世にはスコットランド伝統の実学教育を身につけ、職を求めてイングランドまたヨーロッパ各地へ出稼ぎ・移住した。
   さらに19世紀の産業革命期には、グラスゴウを中心とする西部スコットランド地域は鉄工業・石炭業で繁栄し、英国から世界への銑鉄輸出センターとなり、さらに機械・鉄道・海事工業の発展から、グラスゴウ大学は世界一の科学技術センターとなった。
   こうして多くのスコットランド人が技術と教育を携えて海外に進出し、また逆方向にヨーロッパ、アメリカまた日本からの多数の留学生が留学した。人口比ではイングランドの六分の一のスコットランドから、ほぼ同数の移民数が新天地を目指した。
   歴史研究の一つの目的は、まさに「温故知新」であり、常に新しい解釈と分析方法を求めることも事実であろう。その意味では、本書の意図する「第八代エルギン伯爵のアジア」を通してのスコットランド人ディアスポラ(離散共同体)の研究視座は、幕末明治日本研究に新しい視野を与えうると確信する。第八代エルギン伯爵ジェイムズ・ブルースの人生と活動を通して、スコットランドと日本、また幕末・明治期のスコットランド人の日本でのディアスポラ(離散共同体)を考えたい。
                                                              (プロローグ「第八代エルギン伯爵と幕末日本」より抜萃)
目次
プロローグ
第八代エルギン伯爵と幕末日本                           7

第一章 スコットランドとエルギン伯爵家
一 スコットランド人貴族                                        14
二 エルギン伯爵家の家系                                   20
三 第七代エルギン伯爵の活躍                           24
四 スコットランド・ルネッサンスの時代               29
五 産業革命の都・グラスゴウ                             35

第二章 第八代エルギン伯爵の活躍
一 第八代エルギン伯爵の出自                          48
二 ジャマイカ総督時代                                        53
三 カナダ総督時代                                              58
四 清国・日本特使時代                                      66
五 離日後の第八代エルギン伯爵                     71

第三章 エルギン伯爵の秘書オリファント
一 オリフアントの生い立ちと環境                     88
二 ジャーナリストとしての活躍                          93
三 オリファントと日本人留学生                         98
四 その後のオリファントの生涯                       103

第四章 幕末日本人留学生
一 動乱の幕末日本と世界                               116
二 長州藩士の密航                                          121
三 薩摩藩留学生                                              127
四 幕末・幕府留学生                                        133
五 ロンドンにおける日本人留学生                  139

第五章 第八代エルギン伯爵と日本
一 スコットランドとオランダの歴史的関係    154
二 長崎と下田                                                163
三 江戸滞在                                                   169
四 徳川幕府との交渉                                    175
五 第八代エルギン伯爵の時代と世界
             ―日本の社会進化論                         182

第六章 条約後のスコットランド人の日本進出
            一 スコットランド人の海外進出        202
二 幕末日本へのスコットランドの影響        207
三 スコットランド人と日本の近代・工業化   216
四 スコットランド人の日本でのディアスポラ
             (離散共同体)                                    221
一 長崎                                                           221
二 神戸                                                           226
三 横浜                                                           230
四 函館                                                           235
五 結び                                                           238

エピローグ                                                       257
あとがき                                                           262
主要参考文献一覧                                         270
elgin03 elgin03-2
太田備後守資始邸で条約の打ち合わせの場面。中央で平伏しているのは通訳の森山多吉郎(ベッドウェル水彩画・エルギン伯爵家蔵) 日英通商条約交渉調印の場面(ベッドウェル水彩画・エルギン伯爵家蔵)
elgin01 elgin02
将軍家よりエルギン伯爵に贈られた銀製鶴像(エルギン伯爵家蔵) 条約締結後、岩瀬忠震よりエルギン伯爵に贈られた書と文箱(エルギン伯爵家蔵)

elgin04-2

エルギン伯爵一家(中央座席:アンドリュース・ブルース11代エルギン伯爵 後列左から:エルギン伯爵夫人、マンロー教授、チャールズ・ブルース伯爵とその姉、チャールズ・ブルース伯爵夫人 撮影:北教授)

 

 


 

※ご注文・ご照会は こちらのフォーム から受け付けております