Old Books in General

オンラインデータベースの活用について Print
There are no translations available.

rdtitle

国際基督教大学の大西直樹教授より以下の寄稿をいただきました。国際基督教大学様ではReadex社:Early American Imprintsシリーズ(Evans & Shaw-Shoemaker)を国内で販売されて間もなく、ごく早い時期よりご導入いただいております。そのご利用の特に一般教養科目における貴重な事例のご報告です。 【英訳、追加掲載しました】

Readexトップページに戻る


 

 Evans & Shaw-Shoemaker資料に触れさせる

 

国際基督教大学のリベラルアーツ教育の特徴のひとつに、General Educationと言われる一般教養科目の履修がある。これは従来の人文科学、社会科学、自然科学の三本柱の学問分野からそれぞれ2科目合計6科目を履修する仕組みで、それが卒業要件となっている。本学のすべての学生が幅広い領域のバランスのとれた基礎知識とその学問の方法論を熟知するようもとめられ、その基礎の上に専門性を築いていくのである。この一般教養科目には、地域研究や学際研究も含まれ、たとえば、日本研究、環境研究、平和研究なども一般教養科目として出されている。

その中に、私の担当してきたアメリカ研究概論もあり、一年生から四年生までの様々な専攻をもつ、あるいは、専攻がまだ決まっていない学生が履修している。一般教養科目一クラスの最大エンロールメントは150名で、それ以上の登録があれば、コンピュータによるランダムチョイスで振り落とされる。本年度春学期のこのクラスの履修生は86名であった。テーマは初期アメリカを中心に、植民地時代から独立革命、さらに建国期における、宗教、政治、外交関係などを視野に入れながら、言論の自由、愛国心、政教分離、国家と国旗、忠誠宣誓などの問題を論じた。当然ながら日本ではどうか、という比較対象もとりあげ、日本人の宗教性、日の丸・君が代、言論の自由なども論ずる。

その際、広く学問方法のあり方、および一次資料や二次資料の使い方など具体例をあげて提示しながら、今後だれしもが通らなければならない卒業論文作成などに必要なアプローチの仕方も論ずる。そこでMassachusetts州 Worcester市のAmerican Antiquarian Societyの存在や、そこの中心的資料であるEarly American Imprintsの意義と貴重さ、使用方法などを必ず紹介することにしている。しかし問題はただ紹介したところで、資料が頻繁に使用されるようにはならない所にある。初期アメリカの様々な問題は現在の日本人学生にとって、人ごとであり、なかなか苦労して一次資料を解読するほどの関心を持つ者はいない。

そこで、一つの宿題を出すことにしてきた。それは実に簡単な課題である。図書館か自分のところで使用しているパソコンから図書館のデータ資料にアクセスし、Early American Imprintsを呼び出して、そのSubject Indexから、何でもかまわないから、自分の気に入った資料を立ち上げ、その概要をブックレポートのような形で、A4一枚にまとめ、カバーページをつけて提出せよ、といったものである。

一週間ほどの準備期間を与えて提出されたレポートは実に興味あふれるものである。原文は17世紀18世紀の英語であるから、その表記に戸惑いつつも、たいていの場合、学生は資料を通読し、そのサマリーをレポートとしてまとめている。それらを読んで感ずることは、学生の一人一人が17世紀の一次資料に触れる興奮を感じている点である。チーズの製造方法、讃美歌、演劇上演広告、魔女事件、不正商取引問題などなど、実に多様な初期アメリカ社会の現実のありかたを拾い上げている点である。

ことに目覚ましいのは、「実物の資料がそのまま手元にあるようで、この資料を使える環境に自分がいることができるのが本当に良かったと感じている」とか、「今回、初期のアメリカの資料を、当時のままの形で見ることができるEarly American Imprints を知り、歴史を肌で感じることができた」とか、「1803年の資料に簡単にアクセスすることができるのは面白い体験であった。所々英語が読みにくくはあったけれど当時の人々の生活を省みるには素晴らしい一次文献だと感じた」などの、感想が出てくることである。最後にもう一つ、ある学生がこの資料探索体験について以下のように述べている。「当時の人々が書き、読まれた一次資料を実際に目にすることができたといういことは大変貴重な経験であった。歴史学専攻なので、これからもこのような一次資料と向き合い、過去を生きた人々と対話していくことが多くなるだろう。そのようなことをとおして、これから学んで行きたいと考えている」。

このように、大学生活の早い時期にEarly American Imprints のような超一流の資料に直接触れる機会を一度体験させることで、その後の調査研究のために決定的な可能性を持たせることができる。レポートの内容の優劣はこの段階ではさほど問題ではない。自宅で一次資料にアクセスすることによって、17世紀の社会を垣間みることのできる興奮を一度味あわせる。このことがもたらす影響は計り知れない。

国際基督教大学
大西直樹  

Naoki Onishi Professor
Field of Specialization : American and English Literature
Current Research :
Culture, religious and racial interrelations in the British colonies in 17th-century New England. Cultural relationships between Japan and the United States in the late 19th century. The poetry of Emily Dickinson: its society and culture.
Education : B.A., M.A., Ph.D. (ICU), B.A. (Amherst)

単著
『ピルグリム・ファーザーズという神話』講談社、メチエ叢書、1998
『ニューイングランドの宗教と社会』彩流社、1997年、2004年

共著
『クラークの手紙』北海道出版企画センター、1986年
『歴史のなかの政教分離』彩流社、2006年

翻訳
コンスタンス・ルーアク著『評伝 オーデユボン』平凡社、1993年
D・H・ローレンス著『アメリカ古典文学』講談社、1999年
H・D・ソロー著『ウォーキング』春風社、2005年
エドウィン・ガウスタッド著『アメリカの政教分離』みすず書房、2007年

共訳
デイヴィッド・シュトラウス著『パーシヴァル・ローエル』彩流社、2007年


Readexトップページに戻る

Encountering Evans & Shaw-Shoemaker Materials (英訳 Evans & Shaw-Shoemaker資料に触れさせる)

“General Education” is one characteristic offered by the International Christian University as part of its Liberal Arts education. This curriculum requires students to take two classes from each of the three disciplines: Humanities, Social Science and Natural Science. The completion of six subjects in total is a prerequisite for graduation.

All students enrolled in ICU are encouraged to acquire well-balanced basic knowledge based on broad perspectives and to understand academic methodology, on top of which they can build their field of concentration. The course includes regional or multi-disciplinary studies such as Japanology, Environmental Studies and Peace Research, to name a few.

Introduction to American Studies is one of the courses in the curriculum that I am responsible for.  Every semester, I have a wide variety of students, from freshman to senior year, with different majors or majors on pending. Each class can only take up to 150 enrollments in the Liberal Arts course. When we have more applicants, the registration list is reduced randomly by computer.  For the spring semester in 2010, I had 86 enrollments for this class.

We discuss issues such as freedom of speech, patriotism, separation of church and state, state and national flag, and pledge of allegiance, mainly focusing on Early America from the colonial period to the Revolution, or furthermore on religion, politics, and foreign relations during the founding period. As a comparative study, we naturally apply the topics to Japanese society and discuss issues relating to Hinomaru & Kimigayo (Japanese national flag and national anthem), the Japanese attitude toward religion, freedom of speech etc.

At the same time, I give instruction on how to use and approach primary and secondary sources, required for thesis writing, by presenting specific examples and going over general methodology. In this regard, I always refer to the American Antiquarian Society in Worcester (Massachusetts), introduce the value and significance of Early American Imprints, its quintessential collection, and give guidance on how to use it.

However, this sort of introduction does not necessarily generate frequent use of the materials. For modern Japanese students, to whom the issues of early America are not immediately relevant, it can be challenging to read and understand primary documents.

To address this issue, I give one very simple assignment. It is to access digital materials either from the library or from the student’s home PC, call for Early American Imprints, pick one subject that draw his/her attention, open related materials, make an outline of the content on one piece of A4 paper (as for a book report) and submit it with a cover page.

One week later, I got a pile of reports from students with generally very positive feedback. While many have some difficulty in understanding in full the original documents, which are written in the English of the 17th and 18th century, most are able to read through the documents and summarize them in their reports. I observe from those reports that the students experience excitement from accessing materials dating from so far back in history. Their reports have covered topics as diverse as manufacturing procedure for cheese, hymns, advertisement for theater plays, witch trials, and illegal business transactions, all good representations of early American society.


Some intriguing comments include, “It was just as if the original materials were at hand…I am thrilled to realize that I can use those materials at any time.” or “It was not until I had this assignment that I knew about Early American Imprints. I can view historical documents in their original condition and obtain firsthand knowledge of early American history.” or “It was an interesting experience to easily access materials published in 1803. Occasionally, it was difficult to read some of the English texts. Nonetheless, this is a supreme primary source for examining people’s lives back in the old days.”

One student summarizes his information retrieval experience: “It was an extraordinary experience for me to encounter primary materials written and read by people living in the 17th century. As a history major, there will be countless opportunities for me to converse with people from past times through those kind of first-hand documents. Through these exercises, I would like to continue my academic study.”

Encountering top-class materials like Early American Imprints at an early stage of college life would certainly have decisive impact on students for their future research activity. The quality of the student’s report is not what matters at this point. Taking a glimpse at 17th and 18th century society by accessing primary resources from home - the impact this excitement can bring about is unlimited.

International Christian University
Naoki ONISHI


いままでマイクロ、あるいはリプリントなどの媒体による一次資料コレクションは、ご導入をいただいた後もご利用は研究の場に限定されるという傾向がありました。それは一次資料コレクションが、膨大な量のリプリント、閲覧に専門機器を用いるマイクロなど、学生が気軽に探求するには多くの困難を抱えていたからかと思われます。しかしオンラインデータベースの一次資料に関しまして、大西教授より以下のご指摘をいただきました。

◇ 充分な蓄積を持つ歴史的資料は学生の多種多様な関心にも応えることができる情報量を備えている。

◇ 接続数に制限のないデータベースは、同時に多数の学生を相手にする大規模授業に向いている。

◇ 検索の利便性は同程度でありながら、常に情報の信頼性について判断を求められるインターネット情報と違いここから論文が書ける一次資料である。

◇ 情報リテラシー教育から、卒業論文への応用など質の高い研究への可能性。

大西教授の教育現場での実践は、デジタル化によって一次資料コレクションが教育用ツールとしても大変に有効となることが証明される貴重な事例と思われます。テスト

(画像はReadex社:Early American Imprintsシリーズより)

 

Readexトップページに戻る


 

販売特約店 文 生 書 院

ご照会・ご質問は mail ( info@bunsei.co.jp ),Tel (03-3811-1683) または Fax (03-3811-0296) でお願いいたします。

 


.
 

ReadexBlog